プラチナゲームズ(株)最新作ニーアオートマタの紹介!こっちもクオリティ高くなりそう!!

プラチナゲームズ(株)のニーアオートマタ

概要

【ロストオーダー】プラチナゲームズ(株)最新作ニーアオートマタの紹介!こっちもクオリティ高くなりそう!!
ニーアオートマタは2010年に発売されたニーアゲシュタルト/レプリカントの後継作品となるアクションRPGです。キャラクターデザイナーはロストオーダーにも関係している吉田明彦氏が手掛けています。

ニーアオートマタの世界観

異星人が送り込んできた機械生命体から月へ逃げた人類は、地球を奪還するためにアンドロイド兵士による抵抗軍を組織し、戦況を打破するために新型アンドロイドである戦闘用歩兵ヨルハ部隊を投入しました。人のいない不毛の地で繰り広げられる機械兵器とアンドロイドの戦いの中で知られざる真実を知ることになる。

オープンワールド

【ロストオーダー】プラチナゲームズ(株)最新作ニーアオートマタの紹介!こっちもクオリティ高くなりそう!!
ニーアオートマタの世界はすべてシームレスでつながっており、美しく広大な景観が様々な各所に広がっています。60fpsでなめらかに表現されている世界ではメインの物語だけでなく様々なサブイベントもあるので何度も遊びたいですね。

ニーアオートマタのシステム

キャラクターの成長と強化

【ロストオーダー】プラチナゲームズ(株)最新作ニーアオートマタの紹介!こっちもクオリティ高くなりそう!!
主人公たちヨルハ部隊のアンドロイドは経験値によってレベルアップし、身体機能が向上していきます。またプラグインチップと呼ばれるチップを埋め込むことで、任意の能力を強化することも可能になります。

プラグイン・チップ

主人公体のヨルハ部隊のアンドロイドはプラグインチップと呼ばれるチップを取り付けることで自身の能力を強化できます。武器攻撃力アップや物理ダメージ軽減など一般的なものから有益な情報を視覚化するもの、一見意味の無さそうなものまで多種多様にあり、チップは各地に落ちているものを拾ったり、アイテム屋で購入可能です。チップを取り付けるストレージ容量には上限があるため戦略的な運用が必要になります。

ポッド・プログラム

ポッドにはポッド・プログラムと呼ばれる特殊機能を搭載することが可能になり、これによって、ポッドは通常射撃以外にも色々なアクションを繰り出すことができるようになります。ポッドは最大で3体まで持つことが出来るので、それぞれに違ったプログラムを搭載し臨機応変に切り替えれば戦いをずっと有利に進められます。

野生動物への騎乗や釣り

【ロストオーダー】プラチナゲームズ(株)最新作ニーアオートマタの紹介!こっちもクオリティ高くなりそう!!
人類がいなくなっても野生動物が存在しており、一部の野生動物にエサを与えることで乗ることができ移動手段として利用することができます。動物の種類により特性が変わります。イノシシであればドリフトが出来るようです。水辺では釣りをすることができ、魚や魚型の機械生命体の他に様々なものを釣り上げることが出来ます。

ニーアオートマタの操作キャラクター

キャラクター紹介

キャラ 操作する方法
2B 1周目
9S 2周目以降
A2 3周目の選択肢でA2を選択

2B(ヨルハ二号B型)

【ロストオーダー】プラチナゲームズ(株)最新作ニーアオートマタの紹介!こっちもクオリティ高くなりそう!!
自動歩兵人形ヨルハ部隊の一員として派遣された、汎用戦闘モデルのアンドロイドです。剣撃による近距離攻撃とサポートシステムのポッドを使うことで遠距離の攻撃もできます。戦闘用のゴーグルを使用しているので目元を見せることがほぼありません。ヨルハ部隊は感情を持つことは規則上禁止されていますがモデルによる個体差があり、2Bは比較的沈着な性格です。

9S(ヨルハ九号S型)

【ロストオーダー】プラチナゲームズ(株)最新作ニーアオートマタの紹介!こっちもクオリティ高くなりそう!!
攻撃機能もありますが調査任務に特化した機体で、ハッキングによる情報収集とするヨルハ部隊の一員です。ヨルハ部隊の中では比較的感情表現が豊かなタイプで優しい性格です。

A2(ヨルハA型二号)

【ロストオーダー】プラチナゲームズ(株)最新作ニーアオートマタの紹介!こっちもクオリティ高くなりそう!!
A型は現在運用されていない近接特化型のプロトタイプモデルです。2Bや9Sなどの正式モデルの実用化に向け運用されており、あまり多くを話す性格ではなく、常に1人で行動しています。

ロストオーダーもプラチナゲームズ!

クオリティの高い3Dに期待!!

ロストオーダーもプラチナゲームズ株式会社が携わっているのでクオリティの高い3Dが期待できますね。プラチナゲームズ(株)の作品は全体的にクオリティが高くグラフィックにも力が入っています。そして、サイゲームズのグラフィックも高いのでグラフィックにはかなり期待ができます。ゲームシステムはあまり公開されていないですがハイクオリティなグラフィックだけでもやる価値はありそうです。

の関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

画像権利: ©Cygames, Inc.