ストーリー考察!スタックメイナード家が暗躍?しかも主人公の家系?

ロストオーダーのストーリーに関する解っている事を整理

物語の舞台「ゴールドヘブン」とは

【ロストオーダー】ストーリー考察!スタックメイナード家が暗躍?しかも主人公の家系?
新大陸に植民地政策で建設された階層型都市で、貧困の差の激しいゴールドヘブン。天かける漆黒(くろき)三騎士の伝説というあまり良く無さそうな伝説や主人公の家系がゴールドヘブンそのものに関わっているようです。貧困の差のによって起こる独立運動。それを隠れ蓑のように陰謀が動き出すようです・・・。

天かける漆黒(くろき)三騎士の伝説とは

【ロストオーダー】ストーリー考察!スタックメイナード家が暗躍?しかも主人公の家系?
都の空を13人の漆黒騎士が舞い、神に逆らうと命を奪われてしまうという伝説である事が解っています。植民地だとか貧困の差等、リアリティのある題材とは裏腹にこっちは伝説や神という抽象的な題材ですね。ゴールドヘブンの陰謀かこっちのファンダジーが本筋か、どう上手く混ぜてくるのか楽しみです!

スタックメイナード家とは

【ロストオーダー】ストーリー考察!スタックメイナード家が暗躍?しかも主人公の家系?
ゴールドヘブンを立ち上げたのがスタックメイナード家という家系である事が解りました。画像の人物「イーサン」がゴールドヘブンへ戻ってくる事になった理由が、ゴールドヘブンを立ち上げた人物が亡くなった事で跡継ぎとしてとの事です。この男がスタックメイナード家の跡継ぎなら当然イーサン・スタックメイナードである訳ですが、なんとこのイーサン、主人公ローズの叔父というのですから驚きです!

ロストオーダーのストーリー考察

ストーリーの大筋はゴールドへブンで起こる陰謀?

※ココからは完全に考察・予想になります。
伝説が下す罰・・・という筋だとまだ解っていない事が多すぎるので、ゴールドヘブンの陰謀について考察して行きたいと思います。まず、イーサンが戻ってくる事になった切っ掛けが、前任者が亡くなった事によってですよね?おそらく何者かによって殺害された可能性があると思います・・・!外に旅に出ていた何も解らないイーサンなら上手く操れるという計画なのか、あるいはイーサンすらも狙われてしまう可能性もありますね。

主人公ローズは裕福層

【ロストオーダー】ストーリー考察!スタックメイナード家が暗躍?しかも主人公の家系?
そうなると、スタックメイナード家であるローズは裕福層の人間であると予想できます。ストーリー上で、ある真実を目の当たりにするようなので、そこで初めて陰謀に気付くといった感じでしょうか。ローズのキャッチフレーズが「自由を信じる若者」との事なので自分の家系のやりかたに反旗を翻す事になりそうです。独立運動の手助けをするとかでしょうか?

そもそもイーサンが黒幕説もある

旅に出ていたとの事ですが、前任者が亡くなったのはイーサンの手引きである可能性も捨てれません。拾ったフィンを上手く使って暗殺を仕込んだりも。

まとめ

松野泰己さんという事で

松野泰己さんのゲームという事で、民族浄化や強制集住の一面を見せるタクティクスオウガを参考に、そっち系の話に考えてしまいがちです・・・(笑
神や伝説についても、宗教的な問題を取り入れた要素になるのでは?と思います!ソシャゲといっても今回はコンシューマー寄りであるようですし、コンシュマー並みのストーリーを用意してくる可能性は高いです!

の関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

画像権利: ©Cygames, Inc.