ディレクター松野泰己は人物像紹介!携わっているタイトルは有名な作品が多い!?

ロストオーダーディレクター松野泰己

松野泰己の経歴

【ロストオーダー】ディレクター松野泰己は人物像紹介!携わっているタイトルは有名な作品が多い!?

1989年 クエストに入社
1995年 クエストを退社し
スクウェアに入社
2002年 スクウェアの執行役員
第4開発事業部長に就任
2005年 FFⅫの開発を途中で降り
スクウェア・エニックスを退社
2011年 レベルファイブに入社
2012年 レベルファイブを退社

松野泰己の人物像

松野泰己氏は中学3年の時にゲームセンターに通うべく人目を避けて、地元から離れた土地まで通い詰めていたくらいゲームの虜になっていたようです。クエストに在籍しタクティクスオウガを制作し終わりスクウェアへ移籍し、ファイナルファンタジータクティクスを制作しました。スクウェアの退職後も様々な作品に関わっているようですね。

松野泰己の作風と代表作

松野康己の作風

舞台設定を重要視したゲーム作りをしていると言われており、歴史や神話などの大きなものを土台としてその中から1つの出来事を抜き出し、それを楽しむシナリオやシステムを作り、徐々に密度を上げていき世界観に深みを出しています。シナリオ自体は戦争を題材としたドロドロとした策略、陰謀等をを主軸として展開していきます。オウガシリーズは特にプレイヤーの選択で物語が大きく変わっていくので立場もかなり変わりリアルに描かれていますね。他の人にはない言いまわしが松野節と呼ばれるほどシナリオのファンも多くいるようです。

松野泰己の代表作

・伝説のオウガバトル
・タクティクスオウガ
・ファイナルファンタジータクティクス
・ファイナルファンタジーXⅡ
・クリムゾンシュラウド etc…

上記以外にも様々な作品に携わっており、松野泰己さんが携わった作品が好きな人はぜひロストオーダーもプレイしてみてはいかがでしょうか。

の関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)